titleimg.jpg

ごあいさつ

早いもので、初めての生徒さんの申し込みから10年が経過しました。
この間、特にこれといった募集活動を行わなかったにもかかわらず、
年間を通じてお申し込みをいただき続け、着実に成長しつづけることができました。

これもひとえに皆様方の温かいご支援のたまものだと実感しております。

スタートした頃はよく、「プロ家庭教師っていったいどういうものですか?」と聞かれたものでした。
しかし、その後少しづつプロ家庭教師というものが世間に認知されるようになってきたようで、
今ではこのように質問されることも少なくなってきました。

このように、プロ家庭教師が認められるようになってきたのにともない、
皆様方の「プロ家庭教師」に対する期待の大きさを実感し、
あわせて、あらためて責任の大きさを感じております。

この10年間常に「子供は人類の宝」という思いで、生徒さんに接してきました。
「中部総合教育」を信頼していただけるすべての方に対して、純粋に全力でお手伝いさせていただきました。

時には一般企業のように利益率の面から考えると難しいお話もありました。
しかし、教育にそれは当てはまらないと思います。

教育は目先の利益で判断するものではありません。ご縁があった生徒さんお一人お一人が、
いずれ社会に出て、よりよい時代を築いていってもらえれば、
それこそが私たちの本当の利益だと思っております。

それに頼っていただけるのは本当にうれしいことです。
必要とされていると実感できるのは本当にありがたいことです。

このような思いも手伝い、これまで全力で走り続けてきました。
ただ自らの喜びから、授業がこちら側の自己満足になってしまわないようにと心掛けています。

また、これまでさまざまなお問い合わせのお電話をいただきました。
なかには、イタリア語会話など、明らかに私たちの能力を超えているものもありました。

ただこれまで一度も「それはできません」というようにこちらからお断りしたことはありません。
私たちの能力を超えたものについては、素直に力不足を認めたうえで、
現在の私たちができる精一杯のことを考え、私たちなりのご提案をさせていただきました。

事務所の運営としては、その方面のスペシャリストからみれば、
まったく効率の悪いものかもしれません。
このような不器用なやり方しかできませんが、これこそが
「中部総合教育」だと思っております。

これからもその思いを変えることなく私たちのやり方で少しでも多くの方の
お役に立ちたいという思いでいっぱいです。
そして教育を通じて、社会全体の発展に貢献していきたいと強く考えております。

平成23年5月   山本智広

 

<<前に戻る